7/29 後期U12リーグvs春日@希望ヶ丘


本日より参戦の後期U12リーグ戦。

先週の交流試合の感じでいければ、という期待半分、不得手なグラウンドでの試合という不安半分、といった中での試合。

残念な結果となりましたが、春と比べて格段に質は上がってきてます。

一つ一つのプレー、勝負にもっともっとこだわっていこう!

(緑戦は豪雨のため中止)。


【vs春日】

前半  春日1-1大西(得点ひびき)

後半  春日0-1大西

計     春日1-2大西    負け


前期リーグでも初戦に当たり、0-2で敗れた春日さんとのリベンジマッチ。

芝で且つグラウンドサーフェスも荒めなので、いつもより強いパスを意識することとトラップに気をつけるよう指示。

全体的にハリケーンがボールをキープするもシュートまでは至らず、また予想していた通りパススピードが遅く、なんとなくいやぁな試合展開。

前半10分、中盤でボールを奪われ、そのままスピードとパワーのある相手に振り切られ先制ゴールを許す。

ただハリケーンも、途中から久々にトップに入ったひびきの動き出しから、いい縦パスが入るようになる(それでも帰ってお父さんから「ボールをもらう動きが全然ダメだっ」とこっぴどく怒られたようですが(^_^;))。

迎えた前半17分、何度かドリブルで中に切れ込んでいたしょうようの縦パスを受けたひびきが、体を反転させてからの芸術的なループシュートで同点に!

ハーフタイムで、サイドハーフももう少し守備に回るよう指示があり後半へ。

後半もひびきの動き出し、ゴールへ向かう姿勢は良かったが、攻守ともに中盤を支配しきれず苦しい展開。

残り1分、春日さんのパワープレーに耐えきれず、ついに失点。春のリベンジを果たすことは叶わなかった。

今後の試合に向けて、ミッドからもっともっと積極的に仕掛けていこう、みんなで仲間のコンディションに早めに気づき、試合中にどんどん改善策を出せるようになろう、とナベコーチより指示がありました。